◇◇ Ko'u Hale

好きなものや日々のことなど。@奈良
最近はほぼ畑の記録帳になってます
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 2014/11/02-03 台北3日目、4日目

台北3日目。(2014/11/02)(2日目はこちら


この日は朝から曇り。雨が降りそうな気配でした。
ダンナさんは朝からゴルフ部の活動で、私は友人と11時に明月湯包でランチする約束をしていました。
ゆっくりめに起きて朝食は食べずに出発。南京林森からちょうどバス1本で行けるようだったので、バスで喬治商職というバス停まで向かいました。早く着いてしまったので、すぐ近くの臨江街夜市の通り(通化街)を散歩してみることに。

と、ここまで書いて、思い出すたびにアホな自分を殴りたくなるショックなことがあったのでまず最初に書いておくと、なんとこの時に友人に渡そうと思っていろいろ袋に詰めていたお土産を、あろうことかどこかに置き忘れてきてしまったのでした、、、ぬおおおーーー何回考えても自分で自分にムカツク!!!自分のあほーーー!!!ヾ(*`Д´*)ノ考えられるのはバスの中。またはバス停。または折り畳み傘を買った店。。。あああ・・・ほんまにどこに忘れたんやろ・・・しょぼーん。その後友人がバス会社に問い合わせてくれたりしたけど出て来ず。ほんとに申し訳ないやら情けないやら。高価なものではなかったけど、お気に入りを詰めた袋だっただけに本当に残念ですヽ(;ω;)ノ自分で自分の行動が心配な今日この頃。いや、それは昔からか、、、浮かれすぎに注意しなきゃ、ほんと。

話を戻して、、、朝の通化街。
夜は夜市で賑わいますが朝は朝でめちゃくちゃ活気のある青果市場でおもしろかったです。売ってるものも懐かしかったり新しかったり。選挙前だったこともあって、候補者の方と応援の方がこんなところでも活動していて、市民の皆さまと握手したり手を振ったりして笑顔を振りまいておられました。


この通りにあった商店で折り畳み傘を買って。そこに置いてきちゃったのかなあお土産。。。ああああ。
(ちなみにこの時点ではまだお土産をどこかに置き忘れてきたことにはまったく気づいておらず、気がついたのはランチの後でした、、、)

約束の時間になったのでお店へ。
友人オススメの明月湯包(支店)です。
明月湯包 / 台北市通化街171巷40号
4年ぶりに再会する友人の姿を見た瞬間に嬉しいスイッチが入ってぶわああ〜〜っと喋りつづけた気がするw いつも時間を作ってくれて感謝です!!テンションもあがって2人なのに結構頼んでもうたw 小籠包、酸辣湯、青菜、じゃこチャーハン、鍋貼、写真がないけど甘モノで抹茶餡の小籠包(中に年糕が入ってる)も食べました。他店でもあずき餡の豆沙の小籠包はあるけど、抹茶餡はないかも!?どれも全部おいしくて大満足でした!!(*´ω`*)

そして店を出る時にお土産を持ってないことに気づき、やってもうたあああヽ(@Д @;)ノとなるのです。。。
本当に相変わらずの大ぼけドジ野郎で面目ない。。。(涙)
続きを読む >>
| - | trackbacks(0) | 14:34 | category: 台北旅行記 |
# 2014/11/01 台北2日目

2日目、さらにつづきです。(2日目△こちら

侯硐と九份をセットで訪れる方も多いようですが、私は侯硐のみで12時過ぎの電車で台北に戻りました。
車内の冷房が効きまくりでめちゃくちゃ寒かった(^^ゞ さすがにこの時間だと余裕で座れて、台北駅に近づくにつれて混んでくるものの、ギュウギュウではなかったです。

侯硐の駅正面側の出口付近には「永遠的列車長<黒鼻>」という説明書きのある猫の像があって、すでに亡くなってしまったこの猫村の人気猫、黒鼻という猫さんの像なのだそうです。人間の駅長さんの像もあったけど、台湾鐡路120周年記念と書かれていましたが、それ以外の詳細はわからず。
この駅はトイレもすごく猫モードで、中もかわいくてキレイでした。


手洗い台の上にも猫がいた〜(ΦωΦ)



台北駅に13時過ぎに着き、駅の地下街にある誠品書店などに寄ってから一度荷物を置きにホテルへ。この日は天気がよく青空がキレイでした。
このあとどこに行こうかと考えながら歩いてて、迪化街や、微風広場やそごう付近も今どうなってるか確認したい気もするし、すっかり知らない街になってそうな東側の最先端エリア(ナビで見た好,丘ってとこもおもしろそう)も気になるし・・・と、遠くに見える101のタワーを見ながら案をめぐらせつつ。。。

結局、食方面の欲求が勝って、小吃と辛發亭の雪片を食べに士林方面へでかけることにしました(*^^*) 
14時過ぎにホテルに戻ったあと1時間ほど休憩して再出発、中山駅から捷運で劍潭へ。夜になると士林夜市に行く人で賑わうエリアですが、夕方16時前でも開いてるお店も多く結構賑わってます。
文林路沿いを歩いて食べ物屋台のゾーンへ。そしてたくさんの誘惑が・・・
続きを読む >>
| - | trackbacks(0) | 23:14 | category: 台北旅行記 |
# 2014/11/01 台北2日目

2日目、つづきです。(2日目,こちら


10時頃に侯硐駅に到着☆

ホームの駅名の横にも猫のマーク(ΦωΦ)

もとは炭鉱の町だったそうですが、炭鉱閉鎖後もここに暮らす猫達をメディアが4年ほど前?に取り上げて以来、ここを訪れる人が増えて今では猫村として有名になったそうで、聞くところによると100匹以上いるとか。

ホームから改札に出るまでの通路にも猫モチーフの看板があったり、猫用のトイレまで設置してあって、電車を降りたところから始まる猫モード。改札を出たところには壁にどーんと大きな猫村散歩マップもあります。

地元の小学生が作成した歓迎ボードなどもあって、ほのぼのとかわいかった(*´▽`*)

そしてさっそく猫さん達数匹もお出迎え?してくれました。
すぐに観光客に囲まれて写真をバシバシ撮られちゃったりしてたけど、猫さん達は逃げるでもなく、どうぞ〜みたいな感じで。スタンプ台の上にどっしりと構えてた2猫も、人間がスタンプを押しに来ても気にせず、人間が猫さまをよけてスタンプ押してましたw カメラを向けると、悟りを開いてるかのようなお顔でじっと見つめ返してくれて。「さあ、好きなだけお撮りなされ」みたいな余裕を感じたw

猫のいる山の斜面の集落へは、駅から階段が続いて直結しています。駅前だけにかぎらず、観光客が通るゾーンには猫モチーフの飾りや看板がいっぱい。写真を撮る際のマナーや猫との接し方、周辺地域への配慮などの警告看板も、猫のイラスト入りで可愛く描かれているので、自然と目に留まるし、地域の方達の猫村を大事に思う気持ちも強く感じました。

数年前の記事ですが、この地域の生い立ち的な記事が興味深かったのでメモしておきます → こちら

小さな観光地ですが想像していたより観光客も多く、ツアーみたいな旗を持った団体さまもいました。テーマパークのようにしばらくは皆同じ道を歩きますが、しだいに道が枝分かれします。

集落には民家と小さなお店(猫のごはん、人間のごはん、お土産ものなどを売ってる)がポツポツと建ち並び。

これは猫グッズ屋さん入り口横の壁。このイラストなんだかすごく好きだったwww

数えきれないくらいたくさんの猫ちゃんに出会ったけれど、どの子もみんな穏やかなムードで、言い方は悪いかもですが、猫も人間の扱いをちゃんと知ってそうだなw と思いました。人が来ると寄ってきてお腹見せて撫でて〜みたいにゴロンゴロンしてくる子もいれば、人が通っても気にせず道の真ん中で寝そべってたり、人から離れたところで寛いでたり、人間ウォッチ?してたり。

人通りの多い階段の真ん中でも、あまりにも寛ぎすぎてる猫さんw
続きを読む >>
| - | trackbacks(0) | 00:11 | category: 台北旅行記 |
# 2014/11/01 台北2日目

台北2日目。(2014/11/01)  (1日目はこちら


早朝からダンナさんはゴルフ部の活動で、私は1日中フリーの日でした。
この日、私は台北から台鐡で1時間ほどのところにある猫の村「侯硐(ホウトン)」に行こうと決めていて、土曜日だったこともあり、早めに出掛けることにしました。台北駅まで歩いても15分くらいなので、歩いて行くことに。8時前にホテル(ロイヤルイン林森)を出発。

ホテルは朝食付きでメニューも悪くなさそうでしたが、台北の朝ごはんといえば、私の中では早餐店の台湾風味のサンドイッチやバーガーや蛋餅など。街中のいろんなところに小さな朝ごはん屋さんがあります(だいたいオレンジと黄色の看板)。駅に行く途中にもたぶんあるはずと思ってたらやっぱりあったので入ってみました。

チーズ蛋餅と奶茶を注文して着席。意外と広めの早餐店でした。店内で食べる人、持ち帰りの人が次々にやってきます。ラジオからは五月天の懐かしい曲が流れてて、ちょっとタイムスリップした気持ちになりました。台北にかぎらずですが、旅行に行くとこういう普通のものを食べながらの日常風景に入り込ませてもらうのが、嬉しく楽しいです(*^^*) そして早餐の店に来ると盧廣仲の歌を思い出すw ベーコントーストも頼めばよかったかなw 


良い朝食の時間を過ごし、台北駅へ。

侯硐までの電車の時間は、事前にネットで調べておきました(台湾鉄路のサイトで検索できます → こちら)。

切符買わなきゃと思ってたら悠遊カードでも乗れるんですね、知らなかったw ありがたく悠遊カードで乗ることに。台鉄に乗ると思うとちょっと構える気持ちになってしまうけど(私だけ?w)、乗りたい電車だけ調べておけば、悠遊カードで乗れるおかげか捷運(MRT)で移動するのと変わんない感覚でした。電車の種類と本数が多いのでどのホームから乗るのかちょっと探しちゃったけど。
ちなみに私が乗ったのは9時5分発の花蓮行きの区間快で、同じ時間発で行先の違う列車もあるので、時間だけ見て勘違いしないようにだけ注意。( ← 一瞬時間だけ見て違うホームに行きそうになった人w)

ホームに降りたのが発車時刻の10分前くらいだったと思うけど、そこそこ人がいました。

侯硐に行く電車は九份に行くお客さんも瑞芳(侯硐のひとつ手前の駅)まで乗るので、時間帯によってはとても混むようです。私が乗ったのはいわゆる通勤電車タイプの電車ですが、時間が早めだったこともあってか座れました。私は途中からはドアのところに立ったけど、車内はギュウギュウということもなく、平和で空間もたっぷりありました。

(ドアのところにあったこの表示、人間の挟まれ具合がツボだったw)

窓の外の風景が徐々に田舎っぽい景色に変わっていくのを見るのも楽しいです。途中、八堵という駅の柱には猫のイラスト(ちょっとワイルド系w)が描かれてました。侯硐に行く人向けでしょうか(*^^*)


瑞芳の駅に着くと九份に行くらしき方々がどわ〜!っと降りてゆきます。次が私の目的地、侯硐駅です。




| - | trackbacks(0) | 00:02 | category: 台北旅行記 |
# 2014/10/31 台北1日目

ハワイ日記も書きかけですが、台北日記を先に。

台北1日目。(2014/10/31)  

朝8時半頃の直行便で台北へ。
昔は直行便がなく香港経由で行ってたけど、今は中華航空、エバー、中国国際航空の直行便があります。エバーか中華航空に乗りたかったけど、料金的に仕方なくCAで(^^ゞ(エクスペディアで手配)。11時半頃に台北(桃園)到着。空港からホテルまではタクシーで。まったく待たずに乗れて乗り場の係の人や運転手さんもきちんとしていて親切、知らない人達なのになんだか安心できて懐かしい人に会ったような気持ちに。。。
ほんと台湾、いろいろ良くなりましたなあ〜〜〜

ホテルは日航ホテル系列のビジネスホテル、ロイヤル・イン(老爺会館・台北林森)にしました(台北ナビで手配)。第1希望の台大のホテル&第2希望のコスモスホテルがすでに満室だったため料金と立地でここにしたけど、結果的に今回の我が家の行動には最適な立地で、部屋も機能的でスタッフの方達もきちんとしてて(我々は台湾の方しかお会いしなかったけど皆さん日本語もサービスも完璧)とても満足でした。林森というと飲み屋さんなどの飲食店が多いエリアですが、そんなにギラギラ感もなく(笑)、夜でも安心して歩けます(油断は禁物ですが)。バスもMRTも便利で周辺に店も多く、朝から晩までフルに動く人にはとても良いと思います。
詳しくはナビのサイトで → こちら

13時半にはホテルに到着したけど部屋に入れるのは15時からだったので、荷物を預けて出掛けることにしました。まずは近くのコンビニで悠遊カード(Suicaみたいの)を購入し、バスに乗って公館方面へ。恒例の住んでたエリア散策です。

4年前に訪問した時(こちら)、好きだった店の一角がちょうど解体作業中でものすごくショックだったのだけど、今回はそこがどうなったのかの確認と、通ってた早餐店の生存確認(ネットで調べても出てこない)、豆花を食べる、台湾大学を散歩する、というのは決めてました。
台電大楼で降りて、まずは早餐店をチェック。昼を過ぎると閉まってしまう店なので、ちょうど閉めようとしていた感じでした。懐かしく眺めていると、店の小姐にニコっとされて驚く私達。我々を覚えてるってことはないと思うので、きっと自然とああいう風にできるんだろうなあ。素敵。

近くのライブハウス、河岸留言もチラっとチェック。
この3日前にここで盧廣仲(クラウド・ルー)のライブがあっんだよなあ。行けるものなら行きたかったな(´Д`)
 
このあとは壊されていた一角(我が家がいちばんよく通った牛肉麺やかき氷の店などがあったのです)がどうなったかの確認へ、そこはなんだかコギレイな麺屋さんになってた。しょぼーん。。。そしてそんなしょぼーんな気持ちを抱えて金鶏園の前を通ったら吸い込まれてしまいました。

金鶏園は小籠包などの蒸し物もおいしいけど、我が家がここで食べたるものといえば排骨麺!!この店の排骨の味付けもスープのカツオ風味っぽい味も超好みです。変わらないおいしさに涙。ほんと大好きっす!!
2時半か3時くらいの時間帯だったけど日本人のお客さんも来ていて、ここらへんも観光の人が来るようになったんだなあ。小さな店だけどちゃんと日本語のメニューもあります。

続きを読む >>
| - | trackbacks(0) | 23:45 | category: 台北旅行記 |
Search this site
Profile
Contact
    rikusolaをフォローしましょう      Instagram       Instagram
Whether

Nara Click for 奈良市, 日本 Forecast
Honolulu Click for ホノルル, Hawaii Forecast
Recommends

クリックで救える命がある。

:::




:::

Past Blog
◇◇ Ko'u Hale
(2010.4〜2011.4)
◇◇ Ko'u Hale
(2008.7〜2010.3)
               Nara
::::::::::::::::::::::::::: 
◇◇ from Beijing
(2007.1〜2008.4)
◇◇ from Beijing
(2005.1〜2006.12)
hana*memo<はなめも>
(2005.5〜2008.4)
              Beijing
:::::::::::::::::::::::::::
Mobile
qrcode